帰り便で長距離引越しをさらに安くします

帰り便を活用して長距離の引越しを格安料金で

帰り便とは

荷物を運び終えた後に元の場所へ戻るトラックへ別の荷物を載せて運搬することです。荷物があろうがなかろうが出発地に戻ることは決定事項なので、例え格安でも料金がもらえるなら運送業者は飛びついてきます。

 

仮に東京から青森へ荷物を運ぶ必要があったとして、青森発で東京着の荷物は見つけにくいでしょう。もし、運よくそんな帰り便を見つけることができたなら相場より安い費用で運搬を依頼できるでしょう。

 

プロスタッフの長距離引越しのコストダウン

長距離引越しのコストダウンを図るうえで混載便と並びプロスタッフでは帰り便も重要視しています。せっかく遠くまで走って荷物を降ろしたのに、帰りは空荷で走っていてはとてももったいない話しです。せっかくのコストダウン効果も半減と言えるでしょう。

 

本当の意味で長距離引越しを格安料金で提供するためには帰り便の確保が必須です。だからこそ、引越のプロスタッフでは、規模が小さな引越し業者ながら特に需要が高い関東と関西に真っ先に拠点を構える決意をしたのです。これで、関西―関東間の混載便、帰り便の確保はとても充実するようになりました。

 

もちろん引越し地は日本全国に及びます。まだまだ全国規模で拠点を展開する体力がなかったので、便の確保のためには各地の引越し業者と提携を模索したのです。

 

実は、忙しい時期に長距離引越しを走りたがらない業者も多いのです。1件のお客様だけを載せて運ぶチャーター便では料金が高いのにもかかわらず、実際のところ大きな収益が見込めないことも多いのです。

 

そういった状況はサービスの低下にも繋がりません。プロスタッフの混載便、帰り便はより良いサービスを提供したいという願いにも合致し多くの業者から協力を取り付けています。

 

長距離引越しを格安の帰り便で依頼するためには

自分の引越しにマッチした都合の良い帰り便は簡単には見つかりません。お客様側として出来ることは以下の2点につきます。

 

  1. 日程や到着時間の余裕を持つ
  2. できるだけ早く見積もりを依頼する

 

日程や到着時間の余裕を持つ

出発地、到着地が同じ帰り便があっても日程や到着時間が合わなければ依頼することができません。引き取りはともかくお届けの日程に余裕を持たせることで、帰り便に合わせることができる可能性が上がります。

 

到着時間についても同様で、長距離輸送の場合にはお届けの細かな時間調整が難しいことがあるために、到着時間をお任せにすることで帰り便を合わせやすくなります。

 

できるだけ早く見積もりを依頼する

早く見積もりの依頼をしていただければ、それだけ帰り便に合わせられる便が多く見つかります。場合によっては他の便の日程や到着時間を調整することで一つの便を格安で運行することができるのです。

 

例えば大阪から東京の便があったとして、神奈川から京都への便でも帰り便として予定を組むことができますが、東京から大阪の便の方がより無駄は減らせます。できるだけ無駄を省ける便に合わせた方がより安い見積もりが出せます。

 

その為にも、できるだけ早く見積もりをご依頼ください。