安い日を選んでお得に遠方へ引越ししよう

安い日を選んでお得に遠方へ引越ししよう

引越しは日によって安い高いがありますが、それは遠方であったとしても変わりません。いや、むしろ忙しくて高い日は地元で引越しの件数をこなした方が儲かるからと相場より高い見積もりを出してくる業者だっています。

 

元々の相場が高い遠方への長距離引越しは安い日に依頼した方が、より大きな恩恵を受けられると言えます。

 

それでは具体的に安い日を詳しく解説していきます。

 

引越し料金が安い日の条件とは

引越し料金が安い日を知るには、まず高い日の条件を特定してそれらの条件を外していく方が簡単です。というわけでまずは高い日を知ってください。

  • 繁忙期(シーズン)
  • 月末
  • 土日、祝日などの休日
  • 大安、友引
繁忙期(シーズン)

3月から4月に掛けての繁忙期は引越し料金が年間で最も高い時期です。この時期を外した日を選ぶだけでも料金は大幅に安くなるので、もし日程の調整が効くのなら一番に除外して欲しい条件です。

 

通常期の2倍くらいの引越し料金は当たり前で時には3倍近くまで跳ね上がることもあります。引越し業者側も強気で値引きの一文字を出そうものなら、他社でやってもらっても構わないという態度を取るところも珍しくありません。

 

しかし、料金の高さに比例してサービスが良いということはありません。アルバイトや時には派遣で急場を凌ぎ、次の現場があるので焦っていることから、むしろ暇な日よりも質が悪い作業が横行します。

 

このサイトを見たあなたには選んで欲しくない日程です。

 

月末

賃貸物件の締め日などの関係でどの月も月末は忙しく料金も高くなります。20日を越えたあたりから徐々に忙しくなり最終日になるにしたがって需要もピークに達します。

 

少しでも安い日を選びたいなら月初から中旬までに引っ越ししましょう。大家さんに家賃を日割り計算してもらえないかと相談してみるのがおすすめです。

 

土日、祝日などの休日

土曜日、日曜日、祝日などの休日に引越しが忙しいのは誰でも想像がつきそうです。しかし、今では金曜日に引越しをして土日に荷解きをする人も増えているので、安さ狙いなら金曜日も外しておいた方がよいかもしれません。

 

それ以外の平日では月曜日から木曜日のどの曜日が安いという違いはありません。

 

大安、友引

結婚や祝い事にも縁起が良い日として好まれる大安や友引は引っ越しをする日としても人気があります。個人的には他の条件ほどパワーはありませんが、月末の休日に大安や友引が重なった時は、まず間違いなくその月で一番忙しい日になります。

 

最近の若い人はそれほど気にしませんが、ご年配や地方に行くほど友引や大安での引越しは好まれる傾向になります。

 

これらの条件を一つ一つ外していけば遠方への長距離引越しが安い日と言えます。数万円の差がでるなら仕事を休んでもお得だと言えそうです。

値引き幅を拡大する交渉方法

引越し業者に最初から自分で安い日を選んで見積もりを依頼したとしても思ったほどの料金は提示されないかもしれません。引越し業者もできるだけ高い値段で受注したいと思っているので、最初の見積もりは値引きすることを前提の高いものです。

 

他社から見積もりを取ると言ったとたんにたちまち値下げしてくれる場合もあります。

 

しかし、ここで紹介する方法は最初はあえて高い日を選んで見積もりをしてもらいます。そのうえで安い日ならどれくらい値下げしてくれるかと交渉すれば引越し業者側もある程度の差をつけざるを得ません。

 

値引き額が少なければ心を動かない人も多いでしょうからね。それくらい引越し業者も暇な日は安い料金でも仕事を請け負いたいと思っているんです。

 

安い日、高い日の情報を知っているあなたは巧みに活用して引越し業者から1円でも多い値引きを引き出してください。

単身で混載便を使った長距離引越しの場合

遠方への長距離引越しを同一日に完了してしまうことは稀です。たいていは引き取り日とお届け日は違います。そのため引き取り日は安い日でもお届け日は高い日になることもあります。

 

混載便を使った長距離引越しでは同一地域への便が集まるまでに、タイムラグがある事があるのでお届け日を引越し業者にお任せすることで格安の料金での依頼が可能になります。

 

お荷物によっては難しいかもしれませんが、単身赴任で家に戻ったり、大学の卒業に伴い実家に帰るケースであれば日程をお任せして引っ越しすることも無理ではないはずです。

 

遠方への長距離引越しをできるだけ安くしたいならぜひプロスタッフまでご相談ください。