繁忙期を避けて長距離引越しを格安に

繁忙期を避けるだけで引越し費用はかなり安い

 

引越しの繁忙期は3月から4月に掛けてです。大学の入学や卒業、会社の異動や新卒の入社が重なるために一年で引越しが最も忙しい時期と言えます。

 

以前から引越し業者に予約するのが難しい時期でした。普通の月なら2、3週間前に見積もりを取れば間に合うのに、繁忙期ではどの引越し業者もトラックが埋まっています。

 

しかし、近年では通販の需要が増えたことによるトラックのドライバー不足が深刻化しています。引越し業者も例外ではなく、相対的に繁忙期に受注できる引越しの件数自体が減ってきています。

 

引越し費用も高騰し、2倍、3倍は当たり前となっています。過去に別の月で10万円程度でできていた経験者が100万円の見積もりを受け、とても驚いているようなケースもあります。

 

特に長距離引越しは相場が高いのでこの時期に引越しするのはおすすめできません。現在住んでいるマンションを1ケ月余計に借りてでも繁忙期を避けた方が安く済ませる場合があります。

 

もし、賃貸を延長するのが難しければトランクルームなどに荷物を一時保管するのも一つの手です。長距離引越しをしてくれる業者が見つからなくとも近くのトランクルームへなら依頼できる場合があります。

 

リサイクルショップやメルカリなどを活用して可能な限り荷物を処分して、宅配便や混載便で引越しを済ますのもおすすめです。一人暮らしの小さなものなら新たに家具や家電を買い直しても、引越し費用が安い場合があります。

 

荷物が減れば混載便で引越しできる可能性も大きくなります。繁忙期はできるだけ避けるのが得策ですが、どうしても無理ならできるだけ荷物を減らした方が引越し費用は安くできます。

 

関連ページ

 

Twitter Facebook はてブ LINE Pocket Google+